こぶとは?|クセ毛・抜け毛・若はげ・体調不良・脳疲労・デカ頭|クセ薄毛体質の改善 こぶほぐし予防美容室


「こぶほぐし」は当店が開発した世界に類をみない独自の技法・ブランドです。
HOME > こぶとは?

こぶとは?  < 髪と体の不調の原因は「こぶ」です>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たんこぶ(内出血)のこぶのことではなく、人体内の老廃物(主に乳酸や尿酸など)のことを
指します。

誰にでも生きている限り降り注ぎますが、問題はこの不要物が正常に体外に排泄されてい
るかどうかとい うことです。

体内に滞り、循環と新陳代謝を邪魔する様を、わかりやすく予防美容研究所・所長の下屋
敷薫が「こぶ」  と名づけました。

実際に、こぶが溜まっている部分は触ってみると地肌のデコボコやこぶ状の様相を呈して
います。

こぶが生産されるのは、生きている証ですからそれ自体は正常な営みです。

しかし問題は、体内に抱え込みやすい遺伝的個性としての体質の差があるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「クセ薄毛=緊張萎縮体質」の方々は、、薬物や環境などのさまざまなストレスに接した場

合、その方の 弱点であるヶ所の細胞が,勝手に緊張・萎縮することで、体のあちこちに「こぶ」

を溜め込み、その結果筋肉を硬くさせ、神経・血管を締め付け圧迫し、人体の基本である細

胞のコピーと血液/リンパの循環を 阻害します。

その結果、 原因不明と診断されるような数々の髪と体の不調を生み出す因になっているのです。


特に人体の司令塔で最重要部分である「頭部」に、首に「こぶ」が溜まることで”ゴミ屋敷”と

化すことだけ   は避けなければなりません。

頭部が「こぶ」に”占拠”されてしまいますと、それこそ何が起こっても不思議ではありません。

「中間体質」の方は、髪の毛が直毛でも「クセ薄毛=緊張・萎縮体質」予備軍です。

「直毛=ストレスフリー体質」は何の問題もありません。疲れてもすぐ回復できます。



こぶはなぜできる?

 

【こぶはエネルギーの燃えカス】

食べた食物はブドウ糖に、それが酸素(呼吸)と合わさって、体内70兆個もの
細胞内のミトコンドリアの”原子炉”で燃やされ36度5分の体温エネルギーを生
み出します。

燃えれば必ず燃えカスが生じます。二酸化炭素はガス、水分は汗、乳酸・尿酸
は尿/便として体外に捨てられます。

食べて燃えたカスが100%体外に捨てられれば何の問題も起こりません。

この循環・新陳代謝の仕組みこそが人体の命の営みの原点です。




 

 

 

 

 

 

ところが、人体で最も重要な“頭部”には排泄器官(腎臓など)が備わってい
ません。
脳は、胴体部分よりもむしろ多くのエネルギーを消費しカスもたくさん出fます。

なのに、それらの カスを腎臓まで導き体外に捨て去るハズの“道スジ”が、

首の「こぶ輪」によって塞が れ下りられないのです(尿や便として体外に捨て

られます。)

この排泄経路が“妨害”を受けることで行き場を失った「こぶ」が頭部に溜り膨

張・歪みを惹き起こし、デカ 頭や歪み、目の疲れ、くせ毛や薄毛・諸々の体

調不良の原因となることを経験で確認しております。

また、「こぶ」の影響を受けやすい体質を「クセ薄毛体質=緊張・萎縮体質」、

平気な体質を「ストレスフリー体質」と名づけて分類することにしました。

こぶはどこに溜まる? ・ あなたの弱点を突く悪いヤツ

 

【体質の弱いところに集まる性質】

水が低きに溜まるように、あなたの弱点を探しては流れ込み、体質の弱点を

突いてきます。

でも、これはあなたのせいではありません、そこの箇所の細胞が勝手に萎縮

してしまうからなのです。

毛穴を潰せばクセ毛に、発毛サイクルを押さえ込めば薄毛にという具合に、

こぶは全身どこにでも溜まる可能性がありますが、特に頭部・首・肩まわり・腕・

胸・背骨・腰が多いです。



 

 

 

 

 





 

これらは頭部を頂点としてぶら下がるかたちで相互に関連しているために、

滞りやすい部所でもあり、主 に骨格筋の腱と筋肉繊維の中に溜まります。

頚椎の溜りが脳内に積み上ることで、内側が脳疲労、外側が髪の毛の

トラブルに直結すると考えられます(脳のセロトニンのキャッチボールが邪魔

され気力・思考力が失われ倦怠感にさいなまれるケースに)。

 

こぶができたら大変?


【こぶが髪や体の不調を引き起こす】

こぶが溜まったからといって何も驚くことはありませんが、体質の弱い方に

とっては日々クセ薄毛・身体  の不調に悩まされる憂鬱な日々が続くことに
なります。

病院で検査をしても数値には現れず「健康ですよ。どこも異常はありません。

病気ではありません」との 診断を受けることになるでしょう。

でも、ツライ、「この辛さを「誰も分かってくれない」、と不安と焦りの中で希望
を失っていく方々のいかに  多いことか・・・。

美容室ではファッションという「形」ばかり追い求め、「体質」のことなど誰も分っ
てはいません。

髪の毛と体は一体であり、体質の反映に過ぎないことを悟るべきです。

どうしたらよいのかわからず、毎日悶々と苦しんでおられる方々!

ご安心ください、何の心配も要りません、「こぶ」を体外に捨て去れば良いの
です。

 

 

 

 

 


 

こぶが引き起こす症状


【 無数の不調を起こすこぶ】


こぶが引き起こす症状は、くせ毛や薄毛などの髪に限らず、頭や顔、肩こり、

腰痛、精神面などにも影響  を及ぼします。

/くせ毛・薄毛・脂性・抜け毛など  頭/脳疲労・デカ頭・頭の歪み・

偏頭痛など  顔/吹き 出物・ムクミ・顔の老化・眼精疲労・顎関節症など 

身体/肩こり・腰痛・不眠・冷え性など 精神/ 無気力・対人恐怖症・イラ
イラ・自律神経の失調などなど。

こぶの自己診断


【写真を見比べてこぶ判断!】


一番簡単な方法は髪の毛を見れば一目瞭然です。

クセ・薄毛はこぶの量をシグナルとして送ってくれてい姿にすぎません。

また髪の変調はこぶ量のバロメーターでもあります。

しかし、髪に出ないで(直毛でも)肩こり・胃腸が弱いなど、弱点があれば
そこを突かれます。

顔の場合はどうでしょう? 10代の頃の写真と最近の写真をよぉ〜く見比べ
てください。

顔の輪郭が大きく なっていませんか? 首はどうでしょう。太くなってるか、
逆に細く筋張っていませんか?
 
それは年のせいではありません。

すべてこぶのイタズラなのです(20才でもこぶが溜まれば老化。減れ ば若

返り=究極のアンチエイジングです)


パソコンでの目疲れでは、側頭部の耳上がぼっこり膨らんできます。

はげる方は、頭頂部が尖がるかへこみ、後頭部は扁平になります。

当然、体はダルく、姿勢は猫背になったり、腰痛に悩まされたりもします。

こぶの治し方


【自然治癒力を生かしたこぶほぐし=引き算健康法】



「治す」という表現は適切ではありません。どなたにも自然治癒力・
免疫力が備わっているからです。

名医といえども、その免疫力を無視しての治療はあり得ません。

私どもは医療ではない、こぶほぐしという技術で、いわば体内 の
“お掃除”(=引き算)をいたします。

お掃除で循環の邪魔をしていたこぶを体外に追い出すことで、

体内の循環力が息を吹き返し、自己免疫 細胞が全身を駆け巡り、

不調ケ所を取り除いてくれます。

つまり、ご自身の力で治していくのです。

確かに多くの重病の方々から”治った”というご報告がありますが、

私どもは体内環境を整えるお手伝い をしているに過ぎません。

(結果として治ったという多くのご報告を得ているのは事実でございます。)



【こぶほぐしは治療ではありません、循環の確保です】

「こぶほぐしは、しなければならないものではありませ」んが 、

「した方が絶対に良いものです」。
 
こぶが減った度合いに応じて、必ず報われるのは間違いありません。

1988年以来の仮説と実証の繰り返しの経験の中から生まれた裏表

のない、愚直なまでの職人技の積 み重ねが多くの方々に支持されており、

今なお進化し続けているものでございます。

皆様からの様々な、ありがたいご評価に感謝で一杯でございます。

そして、いつの日にか、あなたが「こぶほぐし」を体験なさるようなことが

ありましたら、髪と体の変化に耳 を澄まし、ご自分の価値観とようく照らし

合わせてご判断いただければと存じます。

お問い合わせ
お問い合わせ・ご質問はこちら
気軽にお問い合わせください

こぶほぐし予防美容室

〒133-0057 東京都江戸川区西小岩2-20-16

■営業時間:9:35〜18:00 (お電話による完全予約制)
■定休日:日・月(祝日の場合は営業、翌日振り替え休業)